読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロトタイプ1

 プロトタイプ。というか、SFMLの動作テストとC++のプログラミングの実際、それからコーディングスタイルが落ち着くまで、将来コードを捨てるつもりで雑に書いていく何かを作成中。ゲームロジックなどはまだまだだいぶ先の話。

f:id:giraffyk1:20160917180959p:plain

 Hello World。文字表示するのもWebと違ってやっぱり大変。

 それ以上に、開発環境の準備、うまく動作するように調整したり、言語に慣れていないせいで調べ物をしたりにとても時間がかかっている。

 文字を書いている時間1:調査している時間20の比率くらい。これはしょうがないよね。

f:id:giraffyk1:20160917181323p:plain

 マップの描き出し。マップチップ1枚ずつ書くと処理が遅くなるらしい(SFML上で)、ということで後学の為に、遠回りして3D技術のポリゴンとかテクスチャとかで使われる「頂点配列」というのを使ってマップが表示できるようにした。平面に見えるポリゴンにマップチップをテクスチャにして貼り付けてる。見た目には変化無いがだいぶ負荷が減ったはず。

 難しい技術だけど中々面白かった。本当に難しい部分はフレームワークのSFMLやOpenGLあらかじめが実装してくれてるので、それと比べたら大したことないだろう。マップタイル画像はフリーのものをちょっと拝借した。

 同じ技術で線や図形も描けるので、デバッグ用にタイルに線を入れておいた。通し番号も表示できるようにしておきたい。

f:id:giraffyk1:20160917181949p:plain

 ここまででコード200行くらい。ここらへんまできて、ようやく調べる時間とコード書いてテストしている時間が3:1くらいになってきた。だいたいテスト…というかコンパイルが通るように書き直してる時間だけど。

 やっぱゲーム作るのって大変。

 次はFPS、処理レートの調整とキャラクターのお試し表示かな。